大井工場 1957

ツイート
トップページ > 鉄道 > 古いアルバムから > 大井工場 1957

画像をクリックすると大きい画像を表示します。


左はクル9200、右はモル4101を入れ換える2155。


クル9200。右奥にはナナサンとサル9400形らしき姿が見える。


クル9200の妻面。もしかすると初発表?ピクに出てたらしい…(^^; 自連装備だと予想していたのが、密連。輪軸には元デハの証、大歯車。


モニ3415。後ろに繋がっているのはクル9210。


同じくモニ3415。


さきほどモニと繋がっていたクル9210。後ろに写るのは元鶴見臨港4扉車ののクエ9130か。のちの高槻区・クエ9400。


サル9402とモニ13001。これは衝撃的だった、あのモニ13001が東鉄に来たことがあったらしい。しっかりと「東シナ」標記つきで、最初は表記ミスかと疑ったが形態が完全に一致。


サル9401+モル4104。


クハ79936と記録にはあるが、撮影が32年12月、落成から3ヶ月もたっているのにこんなにきれいなものかはちょっと考えにくいような。奇数向き使用だし。先日跡地さえもなくなってしまった「旧品川電車区」にて撮影と思われる。

ここからはおまけ。

モハ12019。昭和33年ごろか。最後は塗りつぶされた状態だったとはいえ、おそらく最後まで「山手」プレートを付けていた車。


クエ9422。標記類が無いところを見ると、昭和35年の完成直前の撮影?元宇部。

ツイート

もどる トップページへ

Copy right © ヤジウマ屋