103系 ツヌ308編成

ツイート
トップページ > 鉄道模型 > 津田沼・幕張電車区 > 103系 ツヌ308編成

画像をクリックすると大きい画像(1600x1200px)を表示します。


昭和54年、津田沼電車区に鶴見線新性能化用(実際にはこの103系によって追い出された101系が鶴見線の72系を淘汰しています。)に投入された103系10連です。


今回はKATOの新103系から製作しました。ペラペラのヘッドライトはタヴァサのPO1409、大きすぎる尾灯はボナのP-224、小さすぎる幕のHゴムはトレジャーのTTP235-02を使用して前面を修正するとかなり見た目が向上しました。また、前面のガラスはGMの103系関西形のものに交換しました。


車体を塗装した後(写真省略)は屋根を塗ります。冷房装置10両分塗り分けは根気の必要な作業でした。ベンチレータはαのものに、避雷器は205系のAssyに交換しています。
インレタを貼り付けた後、床下・車体ともに光沢で仕上げます。(写真ではわかりにくいのが残念です…)


一番大変な作業、Hゴムと戸当たり・雨樋ゴムの色差しです。はみ出てますね。写真撮った後修正しました(^^;


最後に運番31C/幕張行きの方向幕ステッカーを貼り付けて完成です!

ツイート

もどる トップページへ

Copy right © ヤジウマ屋